デイリーレポート

トレーダーはリップルに無関心?-リップル相場分析

By 11/15/2017 No Comments

トレーダーはリップルに無関心?-リップル相場分析: 貧困層に向けたファイナンシャルツールとして、ビル&メリンダ・ゲイツ財団がオープンソースソフトウェアをリリースしてから約1カ月がたちました。このソフトウェアは、リップルの技術を活用しており、Dwolla、ModusBox、Software Group、Crosslake Technologiesも開発にたずさわっています。

無料サブスクライブはこちら.

しかし、このような善い行いも仮想通貨市場やリップルトレーダーの関心を引いてはいないようで、リップル/米国ドルの相場は10月に0.27のキーレジスタンスレベルより下落してから、38%フィボナッチリトレースメントレベルの0.22および、23%フィボナッチリトレースメントレベルの0.19という狭い範囲内を移動しています。

同ペアは一目均衡表の平らな雲の下にとどまっており、転換線も基準線を下抜けている状態です。はっきりとした方向性は見えないものの、今後の雲の形は弱気相場を表しています。

取引シグナルはこちら

Kiana Investing Group Facebook size

激しい動きを見せるビットコインやビットコインキャッシュに人々が気を取られている様子の今、大きな動きのないリップルに投資するチャンスかもしれません。これには韓国のリップルトレーダーも例にもれず、韓国の大手取引所Bithumbでは11月に入りリップルの取引量が増加しています。

 

 

If you liked this blog post, then you'll loved this full box gray

Leave a Reply