EURO:

ギリシャについて大きなサインはありませんでしたがヨーロッパマーケットはロンドン時間の早いうちに上昇しました。昨日のヨーロッパ緊急会議の間、今や更なる対話の基礎ができており、更なる進歩があるだろうとアナウンスされました。
major currency pairs
USD:
ドルは今まさにNY時間前にワシントンでのFOMCのメンバーによるFRBの10年以内の金利引き上げ予測を含むスピーチのために上昇しています。これは世界中で主要通貨に影響を与え、EUR/USDを押し下げ、USD/JPYを押し上げる結果になっています。
CAD:
インフレ率が上がってきました。原油価格は年初から徐々に錠しており、呼応してカナダドルが再び上昇し始めています。カナダの製造業もまたリバウンドが見えています。しかしながら消費者支出、労働者収入と賃金成長率は未だに強い経済を表すには至っていないようです。
これらのデータはすべてカナダ経済に比較的希望的な絵を描いています。インフレ、製造業そして雇用データは貿易と消費者支出のリバウンドを予感させます。他のコモディティ率先的なオーストラリアやニュージーランドに比べると、カナダはそれほど悪いとは言えないでしょう!

Leave a Reply

 

 

  • Economic Calendar
  • Terms of Service
  • Privacy Policy
  • Disclaimer:Investing in the financial markets involves a risk of loss.
    You should only invest the money you can afford to lose.

    Invest Diva (KPHR Capital, LLC) and Kiana Danial are NOT a financial advisor. Nothing said on investdiva.com by Kiana Danial or other contributors is meant to be a recommendation to buy or sell any financial instrument.